公認会計士のお仕事内容が改めてもう一度知りたい!という人の為のコラムです

公認会計士は、資格を取得するのが難しく、医者や弁護士に並ぶ三代難関国家資格だと言われています。でも、医者や弁護士に比べると、仕事内容が分かりにくいところがありますよね。一流の職業だと知っている人自体も少ないと言えるかもしれません。

■公認会計士ってどんなお仕事をするの?
公認会計士のお仕事は、誰にでもできるような、簡単なお仕事ではありません。膨大な量の専門知識が必要なので、一流の専門職だと言えます。どんな企業にも会計というものが存在しますよね。そのお金を計算、管理、監査するのが公認会計士のお仕事です。よく、税理士と同じように捉えられることがありますが、公認会計士のお仕事は税金ではなく、企業の経理全般に関わるもので、税理士とは仕事内容が全く違います。

税理士もまた、専門の知識が必要な立派な職業ですが、年収などを見ても、公認会計士の方が高く、レベルが上だというイメージです。公認会計士の具体的なお仕事内容は、主に監査になります。企業の経理が正しく行われているかをチェックする大切なお仕事です。監査法人に、就職して行う業務になります。

その他に経営コンサルタントとなって企業にアドバイスをしたり、外資系の企業にも必要とされていて、監査以外の業務で活躍できる場も多く、選択肢も広い職業です。国家資格を取得した後、就職先に困ることが続いていた時期もありましたが、今後は様々な分野で必要とされる、将来を約束された職業としてさらに需要が増えていくでしょう。

■将来の安定も得られる公認会計士がおすすめ
公認会計士の資格を取得できれば将来の安定を得ることもできるはずですよ。高年収も期待できるので、目指してみる価値はあるはずです。難関国家試験突破のためにしっかり対策をして準備しましょう。