難しい国家試験に合格しなければ資格を取得できない公認会計士は就職難って本当なの?

公認会計士は医者や弁護士と並ぶほど難しい国家試験に合格しなければ資格を取得することが出来ません。資格を取得してしまえば、将来が約束されているのと同じことのように思われていましたが、一時は、就職難が指摘されていることもありました。

難しい国家試験に合格するために頑張ろうと思っても、働き先がないのであれば努力は無駄になってしまいますよね。公認会計士と就職について紹介していきたいと思います。

■公認会計士の就職難は本当?
公認会計士を目指す人が年々増えている中で、資格を取得しても監査法人に就職することが出来ないという人が増えているのは本当のことです。でも、監査法人だけが資格を活かせる職場ではありません。公認会計士の資格を持っている人は会計に関するあらゆる知識を持っているわけですから様々な分野で幅広く働くことが出来ます。

経営コンサルタントや外資系の会社につとめるのも1つの選択肢だと言えるでしょう。

■就職難は試験の難易度が上がって緩和?
公認会計士の就職難を緩和させるために国は、国家試験の難易度を難しくして、合格率を下げだと言われています。試験突破が難しくなってしまったのは悲しいですが、合格者が減ってライバルが少なくなるのは嬉しいですよね。試験に合格するためにしっかり、準備を行って、対策しておきましょう。

■これからはたくさんの需要がある公認会計士
公認会計士はこれから更に需要が増していくので就職難になることはそこまで心配いらないと思いますよ。それよりも難関国家試験に合格できるかどうかの方が重要な問題です。就職のことはひとまず置いておいて、確実に国家試験を突破できるように、しっかりと試験の対策をしていきましょう。

資格が取得できれば今後幅広い分野で求められる資格となるので、将来の安定を約束してもらえたということになりますよ。